採用情報
セゾン文化財団の職員を募集しています。詳細はこちらをご覧ください。

2014年

 

戻 る

マリアナ・アルテガ 

アーティスト(メキシコ) 

ダンス・キュレーター、アーティスティック・ディレクター
2014年9月22日(月)-11月2日(日) 滞在

■リサーチ概要

テーマ 「私はもう一人のあなた、あなたはもう一人の私」:日本とメキシコのコンテンポラリーダンスにおける将来の芸術的、社会的な出会いの場
内容 日本とメキシコのコンテンポラリーダンスのコンテクストを共有し、将来的な共同製作やコラボレーションを視野に入れた対話の可能性を探る。滞在中、若手から中堅を中心に数多くの振付家や制作者と面会し、ネットワークを構築。将来的な共同制作やコラボレーションの可能性を検証した。

■活動実績

2014年9月22日 来日
2014年9月23日‐11月1日  アーティストや舞台芸術関係者との面会
京都、大阪、神戸等視察
Dance New Air、Kyoto Experiment、フェスティバル/トーキョーや劇場でダンス作品を鑑賞 など
2014年10月11日 パブリックトーク 森下スタジオ
2014年11月2日 帰国

■パブリックトーク
・パブリックトーク開催概要

日時 2014年10月11日(木) 開場14:00-15:30
場所 森下スタジオ ラウンジ
タイトル タイトル:「私はもう一人のあなた、あなたはもう一人の私:メキシコのコンテンポラリーダンス」

・パブリックトークの内容
メキシコのコンテンポラリーダンスの現況として、現在、注目されているメキシコのアーティストとそのネットワークの状況、また、アーティストを支援する仕組みについて、事例を交えてプレゼンテーションを行った。当日、メキシコのダンススペース、フェスティバル、文化機関のディレクトリーを配布した。

パブリックトークのプレゼンテーション全文 →
パブリックトーク:配布資料 →

■プロフィール
英語表記:Mariana Arteaga
メトロポリタン自治大学で社会コミュニケーションを専攻。ダンス公演のプログラミングやマネジメントを行い、2006年から2011年まで「Internarional Dance and Electronic Media Festival (FEDAME)」のディレクターを務める。現在、デジタル文化センターのダンス・キュレーター、「El Gran Continental Otra vez」のディレクターとして活動している。また、2013年、TPAM in Yokohama 2013開催時に、来日。

戻 る

セゾン文化財団の法人賛助会員は、右記の通りです。
当財団の活動に対しまして、ご理解・ご支援をいただき、深く感謝いたします。(2024年2月現在・50音順)