採用情報
セゾン文化財団の職員を募集しています。詳細はこちらをご覧ください。

2011年

 

戻 る

トラジャル・ハレル

アーティスト(米国)

Movement Research (米国)[http://www.movementresearch.org/]
「Movement Research Performance Journal」編集長、キュレーター、振付家
2012年5月1日(火)-5月21日(月) 滞在

■リサーチ概要

テーマ 日本のアーティストとの共同リサーチ
内容 WWFesと連携し、日本のアーティストとともに、日本のダンスの状況、歴史や背景を調査し、振付の拡張的な可能性についての対話の場をつくるリサーチ・プロジェクトを実施。欧米以外の文脈では初の試みとなるリサーチプロジェクトで、異なる文化的背景を持つアーティスト同士の交流の可能性を探る。

■活動実績

2012年5月1日 来日
2012年5月2日‐5月20日 1)舞台芸術関係者やアーティストとの面会
2)観劇等
2012年5月11日  パブリックトーク 森下スタジオ
2012年5月15・16・18・20日 The Adventure ワークショップ 森下スタジオ
2012年5月17日 The Ambien Piece パフォーマンス Gallery Objective Correlative
2012年5月19日 Twenty Looks or Paris is Burning at The Judson Church (XS) パフォーマンス 森下スタジオ
2012年5月21日 帰国

■パブリックトーク
・パブリックトーク開催概要

日時 2012年5月11日(金) 19:00-21:30
場所 森下スタジオ Sスタジオ
タイトル 「コンテンポラリーダンスへの革新的なアプローチ」

・パブリックトークの内容
振付家としての枠組みを超え、アーティスト同士の対話を促すラウンドテーブルや実験的なリサーチプロジェクトを仕掛けるなど、活発に活動されているトラジャル・ハレルの取り組みを、欧米のコンテンポラリーダンスの状況とともに解説。また、滞在中に実施するプログラムの概要や「Movement Research Performance Journal」のプレゼンテーションが行われた。

パブリックトークのプレゼンテーション全文 →

■プロフィール
米国・ジョージア州生まれ
英語表記:Trajal Harrell
米国イェール大学卒業。振付家として、米国では、The New Museum、Danspace Project、Dance Theatre Workshop、The Kitchen、P.S. 122、Dance Missionなど、また、ヨーロッパでは、Festival d’Avignon (アヴィニヨン:フランス)、Impulstanz Vienna Intl. Dance Festival(ウィーン:オーストリア)、In Transit Festival(ベルリン:ドイツ) などで作品を発表。Danspace Project Platformのキュレーター、Impulstanz Vienna Intl. Dance Festivalのコーチング、メンターでもある。

戻 る

セゾン文化財団の法人賛助会員は、右記の通りです。
当財団の活動に対しまして、ご理解・ご支援をいただき、深く感謝いたします。(2024年2月現在・50音順)