採用情報
セゾン文化財団の職員を募集しています。詳細はこちらをご覧ください。

2013年

 

戻 る

アンナ・レヴァノヴィッチ

アーツ・マネジャー(ポーランド)  Krakow Theatrical Reminiscences フェスティバル・ディレクター 2014年2月3日(月)-3月8日(土) 滞在

■リサーチ概要

テーマ 現代社会を反映する現代の舞台芸術
内容 ポーランドでの日本の舞台芸術のイメージを変えるために日本の現代演劇やコンテンポラリーダンスについてリサーチを行った。そして、「Krakow Theatrical Reminiscences」や「Dance Move Cities」で日本のアーティストを紹介することを視野に入れ、アーティストや舞台芸術関係者との対話を行った。

■活動実績

2014年2月3日 来日
2014年2月4日‐3月7日 ・アーティストや舞台芸術関係者と面会
・京都、大阪、山口等視察
・TPAM in 横浜、神戸-アジア コンテンポラリーダンス・フェスティバルや劇場で観劇 など
2014年2月7日 パブリックトーク 森下スタジオ
2014年3月8日 帰国

■パブリックトーク
・パブリックトーク開催概要

日時 2014年2月7日(金) 開場19:00-20:30
場所 森下スタジオ Sスタジオ
タイトル 「クラクフを事例とするポーランドのパフォーミング・アーツの現況」

・パブリックトークの内容
クラクフを中心にポーランドのパフォーミング・アーツの現況や、「Krakow Theatrical Reminiscences」の取り組み、ポーランドで注目されている新進アーティストについて、事例を交えてプレゼンテーションを行った。
パブリックトークのプレゼンテーション全文

■プロフィール
英語表記:Anna Lewanowicz
ポーランドのヴロツワフ大学で文献学を専攻。2005年から2008年、ワルシャワで最大級のフェスティバル「Brave Festival」に従事し、2009年、グロトフスキ研究所(ヴロツワフ)にてグロトフスキ没後10周年を記念するフェスティバル「The World as a Place of Truth」のプロデュースを行う。2010年、アソシエイト・フェスティバル・ディレクターとして「Krakow Theatrical Reminiscences」に関わり、2011年から同フェスティバルのフェスティバル・ディレクターを務める。また、2011年にクラクフで開催されたIETMのミーティングのプログラムボードメンバーで、2012年、European Festival Associationが主催する人材育成プログラム「Ateliers for Young Festival Managers」のボードメンバーに着任した。

戻 る

セゾン文化財団の法人賛助会員は、右記の通りです。
当財団の活動に対しまして、ご理解・ご支援をいただき、深く感謝いたします。(2024年2月現在・50音順)