TOPICS

 公 募 
2022/11/01

U35フォーラム 参加者募集開始のお知らせ

公益財団法人セゾン文化財団と横浜国際舞台芸術ミーティング実行委員会の共催で、舞台芸術業界の今と未来を考えるU35フォーラムを実施いたします。参加者自身が創作活動を続ける中で直面した課題を明らかにして共有するとともに、そこから少し先の時代の舞台芸術のあり方を、他の参加者と対話を重ねながら想像していくフォーラムです。
このフォーラムにおいて、ディスカッションと参加者同士の交流(ネットワーキング)に参加する方を募集します。対象となるのは、一般に「若手」と呼ばれるおよそ35才以下の舞台芸術関係者です。
この機会にぜひお気軽にご参加ください。

応募締切:11/13(日) 23:59
参加想定人数:25名程度(5名1グループ、計5グループ予定)
詳しい応募条件と応募方法については以下URLをご覧ください。
https://onl.sc/4KUQ9gs

 公 募 
2022/08/01

2023年度公募プログラムのご案内

現代演劇・舞踊の活動を対象に、助成金/資金だけでない複合的な支援を行っています。
詳細については、「助成を受ける」をご参照ください。

→助成を受ける

 公 募 セゾンAIR
2022/06/02

Visiting Fellows 2022 参加アーティスト募集

本リサーチ・プログラムは、現代演劇・舞踊の海外ネットワークの拡大、相互理解の促進を目的に、日本の現代演劇、舞踊の状況や背景、魅力等の研究を支援するプログラム。重要な役割を担うことが期待される海外のアーティスト、アーツ・マネジャーに、森下スタジオを拠点とする滞在機会を提供します。自薦、他薦は問いませんが、海外のアーティストやアーツ・マネジャーが申請者する必要があります。

アーティストのためのリサーチ・レジデンシー
日本の文化や芸術をテーマにした創作や、日本との継続的な協働事業を構想するアーティストを対象に、日本でのリサーチ、将来のパートナーとの出会いや対話の機会を提供。現代演劇や舞踊分野で活動する芸術家の創作プロセスを重視し、アイデアを実験するために森下スタジオを利用することや、希望に応じてショーイングや、ワーク・イン・プログレスの発表も可能。

アーツ・マネジャーのためのリサーチ・レジデンシー
将来、日本との継続的な交流事業を構想するアーツ・マネジャーを対象に、日本の現代演劇や舞踊をリサーチする機会、ネットワーク拡大のために芸術家や関係者との出会いや対話の機会を提供。

対象期間:2022年10月3日〜12月28日、2023年1月6日〜2月19日

助成内容:募集要項に定める要件を満たすアーティストおよびアートマネージャー1名につき20万円を上限とするエコノミークラス往復航空券、滞在費(到着・出発日を除く1日あたり4,000円)、活動費(到着・出発日を除く1日あたり5,000円)を支援。

募集人数:アーティスト2名、アートマネージャー1名

申請締切 2022年6月30日(木)
* 2022年6月27日(月)までに申請書をダウンロードしてください。

詳細は募集要項(英語)をご覧ください。
https://www.saison.or.jp/2022_vf_applicationguidelines

令和4年度文化庁
「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」
 公 募  ― 予算の上限に達したため締め切りました ―
2022/04/08

2022年度フライト・グラントのご案内(月次締切)

フライト・グラントは、日本を拠点に活動する芸術家・制作者・舞台技術者を対象に、海外への渡航費を支援するプログラムです。正式に招聘を受け海外で実施される本公演、アーティスト・イン・レジデンス、コンペティションなどへの参加を支援します。

申請書に必要事項をご記入の上、ご申請ください。渡航目的の重要性、緊急性を鑑みて審査を行います。

募集スケジュールや提出書類など、申請に関する詳細情報は、要項をご確認ください。

詳細については以下からご覧ください。
2022年度フライト・グラント

 公 募 
2021/07/28

2022年度公募プログラムのご案内

全プログラムの申請受付(申請書提出)を終了しました。

→助成を受ける

 公 募 セゾンAIR ― 募集終了―
2021/07/14

オンライン・リサーチ・レジデンシー 2021/22

オンライン・リサーチ・レジデンシーは身体表現による創作を見据えたリサーチを支援するプログラムです。アーティストとしての創作活動の領域を広げ、国内外で活動するアーティストとのつながりを深める機会を提供します。
参加アーティストは期間中、自身のリサーチと並行し、そのリサーチのプロセスを他の参加アーティストとオンラインで共有するグループセッションやワークショップ、成果発表への参加が求められます。
リサーチのテーマやトピックは自由に設定・計画できます。

◎実施期間
2021年11月10日(水)~ 2022年2月10日(木)

◎オンライン・グループセッション
これまでの創作活動とオンライン・レジデンシーでのリサーチのアイデアやプロセスを共有するセッション
①2021年11月10日(水)・11日(木)(候補日)
②2021年12月16日(木)(候補日)
③2022年1月13日(木)(候補日)

◎オンライン・ワークショップ
アーティスト独自のダンスの実践やメソッド、トレーニング等を参加アーティストとともに、広く一般のオンライン参加者と共有するワークショップ
①2022年1月8日(土)(候補日)
②2022年1月15日(土)(候補日)
③2022年1月22日(土)(候補日)
※上記の候補日のうち1日、ご担当いただきます。

◎オンライン・プレゼンテーション(成果発表)
2022年2月9日(水)・10日(木)
※開催時間は日本時間の午後5時から午後8時を予定していますが、参加アーティストと協議の上、決定します。

支援内容
・創作活動費:350,000円
・リサーチのためのサポートやアドバイス

募集人数
・海外アーティスト4名、国内アーティスト1名

募集案内
オンライン・リサーチ・レジデンシー募集案内

過去のオンライン・リサーチ・レジデンシー
参加アーティストのプロフィール・リサーチ概要

 公 募  ― 募集終了―
2021/06/14

新型コロナ対応 特別助成プログラム

コロナ禍の影響は一年を超え、世界的に新型コロナウイルスと共存する生活が日常化し、舞台芸術界でも「出会いと移動の制限」から従来の活動がままならない状況が続いています。当財団では、このような不安な状況だからこそ、これからの価値の創造と相互理解の促進に寄与する活動/事業が必要と考え、特別助成プログラムとして新たな提案を公募する運びとなりました。

助成期間は一年半。概算払い。使途自由。新しい構想とその実践のための資金としてご活用ください。ご応募をお待ちしております。

助成対象期間:2021年9月1日~2023年3月31日

募集開始:7月1日

申請書交付締切:7月20日

申請書提出締切:7月29日

助成申請額: 200万円を上限とする

 

詳細は以下の募集要項をご参照ください。

specialprogramguideline2のサムネイル

 

 

TOPICS カテゴリー

TOPICS 一覧

 

TOPICS アーカイブ

セゾン文化財団の法人賛助会員は、右記の通りです。
当財団の活動に対しまして、ご理解・ご支援をいただき、深く感謝いたします。(2022年3月現在・50音順)